こんにちは、ラブリーサービスの高橋英夫です。

山下公園や三渓園などではそろそろ紅葉の見ごろではないでしょうか?
毎日シャワーの生活習慣の方々もそろそろ湯船で冷えた身体を温めたくなる季節ですね。

湯沸器本体の横側から壁を貫通して外壁に煙突が出ている湯沸器はバランス型
(BF式)と呼びます。

本体の側面に有る白色のつまみを回して着火するレトロタイプです。

古い団地等を望むと外壁に各部屋からのステンレス製の煙突が出ているので一目で解ります。

lovely-service053

バランス型湯沸器は排水口の掃除が大切!

バランス型湯沸器はなかなか壊れないものですが空焚きをしたり長期間残り湯を放置しておくと
傷んで来ます。また排水口を適宜綺麗に清掃をして排水をスムーズにしておく必要が有ります。

浴室内の床にバランス型湯沸器を直接設置しているので残り湯等が上手に排水が出来ていないと
浴室の床が排水溜まりとなってしまいます。

それだけなら防水を完璧にしておけば問題ないのですがバランス型湯沸器の裾が排水で浸かって
しまう結果として錆が発生する確率が高い事が分っています。
それが常態化してくると本体の寿命も短くなります。

排水口のお手入れはゴムホースを排水口の中に挿入して高水圧で月に1度は洗浄すると好いですね。

煙突は吸排気の役目が有るので事故防止の為に塞がない事!

アパートや団地などでバランス型湯沸器を使っている場合は共用廊下に煙突が出ている事が多いです。
ステンレスで出来ている煙突に日用品である生活雑貨などを置いてある事を偶に見かけます。

lovely-service104

湯沸器の煙突なので排気を行う大切な部品で排気熱はとても高温になり火災の原因にもなります。

換気は適宜キチンと行おう!

またこの煙突はガス燃焼の為に外気の新鮮な空気を吸う吸気の役目もしているので吸排気部に物が挟まった状態ですととても危険です。

不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒を引き起こす可能性が有り注意が必要ですよ。
浴室内の窓や入り口ドア等は適度に開けて新鮮な空気を取り込みましょう。

なお公団住宅で共用吸排気ダクトに煙突を繋いでいるバランス型湯沸器は建物の吸排気ダクトが設計通りの能力の湯沸器しか使えない事が有るので交換の際にはお尋
ねくださいね。

バランス型湯沸器の交換設置はガス消費機器設置工事監督者の資格が必要です。
ラブリーサービスではこの資格も保有しているのでご安心下さい。