アパートやマンションの大家の仕事をしていると
トイレの交換も大切です。

入居者の入れ替わりについでに行うと入居率が上がります。

35年間使ったtoto制の3角タンクトイレは時代を
感じさせますが今でも後継機種が販売されています。

排水芯や給水圧や排水勾配等を考えると同じ物に
交換した方がよろしいのです。

特に狭いトイレ空間に今流行りの物を入れてしまうと
ドアが邪魔したり便座に座り辛かったり汚物が排水
されなかったりします。

今回は2階に有るトイレを交換しました。
根太はシッカリしていますが経年で床が撓んでいるので
そのまま12mmの合板を増し張りの方法で上から被せました。

トイレへ入る室内生活動線上も12mmの合板で増し張りを
しているので段差は生じません。

既存の便器を解体して床を増し張りしてクッションフロアー
仕上げの工程で午前中で完了します。

既存の便器を剥がすと排水用のフランジが現れてきます。
35年前のフランジは鉄で出来ているのですが当時の職人さんの
仕事が丁寧にフランジを塩ビ管と接続してありました。

排水の塩ビ管がフランジから抜けない様にトーチランプで炙り
フレア加工の様に仕上げてありました。

クッションフロアーを敷いてからプラスチック製の新しい
フランジと塩ビ管とを糊付けします。

12mmの合板にフランジが納まる穴を空けて床に固定します。

次に3角タンクを仮合わせで設置してからフランジに
パテを盛って便器本体を床に固定させます。

結露が有ると陶器が収縮して割れるので3角タンクは
本締めまで固定してはいけません。
少しばかりの壁面との隙間加減を要します。

排水パイプをモーターレンチ等で締め付けていきますが
長さは現場合わせなので耳栓をしてグラインダーで切断します。

最後に給水フレキ管を繋いで給水排水確認をして終了となります。

3角タンクの短所はタンク一体型と比べて排水管の接合部が3か所ある為に
水漏れしやすい事です。
しかし大家側としては入居者とのコミュニケーションを兼ねて安否や部屋の
中を確認出来ることです。

因みに此処の部屋はこの後すぐに女性の入居が決定し現在も入居中です。